関東信越税理士会会員である税理士及びその職員・家族を加入対象として健康保険事業を行っております。

関東信越税理士国民健康保険組合

第2期データヘルス計画(第3期特定健康診査等実施計画を含む)

データヘルス計画とは?

データを活用して、各保険者それぞれの健康問題に合った保険事業を、より効率的、効果的に実施する取組みです。

 

 

例えば、

 

◎健康診断の受診状況を見ると・・・

 

家族の加入者が、他に比べて受診率が低い傾向にあります。

 ⇒ ☆健康診断の受診率アップを奨励しよう!

   ☆家族や女性、未受診者へ新たなアプローチを検討しよう!

 

 

 

◎当組合の医療費の内訳を見ると・・・

がんの割合が高く脂質異常症の割合も気になります。

 

⇒ ☆生活習慣病に起因するがん対策に重点を置こう!

  ☆生活習慣病の予防と早期発見を広く啓発しよう!

 

 

 このように組合では、データを積極的に活用していくことで、これからの重症化予防などの健康づくり事業が、より充実したものとなるよう「第2期データヘルス計画」を策定しました。
 また、「第3期特定健康診査等実施計画」についても、保健事業を総合的に企画し、効果的かつ効率的に事業が実施できるよう、データヘルス計画と相互に連携して策定を行いました。

 詳しくは、下記の資料をご覧ください。

 

 組合員のみなさまには、データですすめる効果的な健康づくり事業について、改めてご理解とご協力をお願いいたします。


ページトップ